精神の間

くりっくぷりーず精神の間
ゆっくり逝きなさい・・・


ゆっくり逝きなさい。







ひとは所詮





太陽が 空を移り渡る早さから 逃れられない






囚われし 時間の影なのです











お腹が減ったなら、   





晴れた空の蒼さを ふかく吸い込み
真綿のような雲の白さを たらふく頬張り



のどが乾いたら 雨が降る日をひたすら待ち、、、




ながら。。。。                      だから。。。。。





ひとの時間は
じつは 進んでいるようで 減っているのです




進んでいると思うから 追いかけてしまいます
減っていると思えば 自然と 手足のひとつでも伸ばして





ゆっくり逝きたくもなるはずです。



ゆっくり逝きなさい





時々は振り返る勇気を
顧みるように



















ゆっくりと ね












                                                                                


                                                                          光は、闇の賜物、  ちゃお。。。













| 1/3 | >>